最低でも1年に1度は絨毯クリーニングに

大きめの絨毯を使うことが多い場所といえば、リビングでしょう。あるいは、昨今の家はほとんどの部屋の床がフローリングですので、あらかじめ床に傷がつかないように絨毯を敷き、その上に家具などを配置していることも多いと思われます。ダイニングテーブルやリビングのソファの下などに敷いていると、どうしても食べものの食べかすなどがこぼれてしまいます。掃除機をかけてもなかなか取りきれない汚れもありますし、飲み物などをこぼしてもすぐに洗うことができません。そんなときは、絨毯クリーニングをしてみるのがいいでしょう。適切な洗剤を使い、家庭では無理な大きな洗濯機で洗ってくれたら、見違えるほどきれいになります。あまりにもキレイになって、今まで気にせず使っていたのが恐ろしくなるかもしれません。それを考えると、最低でも1年に1度はクリーニングに出したいところです。

自分に合った絨毯クリーニングの方法は

絨毯というのは大きさにもよりますが、けっこう重くてかさばることから、なかなか自宅で洗濯をすることができないシロモノです。とはいえ、毎日家族が歩いたり座ったり、あるいは食事をする場所に敷かれているものですので、当然のことながら汚れてきます。そんな時は絨毯クリーニングに出すのが一番ですが、最近はさまざまな方法で行われていますので、自分がこれと思うものを選べるようになっています。近くのクリーニング屋さんに持ち込むか、宅配を使って送り、クリーニングしてもらったものをまた送り返してもらうと言う方法もあります。また、なんと敷いたままでキレイにしてしまうというお掃除のプロもいますので、重い絨毯を使っている人ほど、動かすことなくキレイにできるこの方法がいいかもしれません。自分に合った方法を見つけてキレイにすることが、もっとも肝心です。

絨毯クリーニングをしてもらうためには

絨毯クリーニングは素人ではなかなかむずかしく、キレイに仕上がらない可能性があります。大きなものであればあるほど、自宅の洗濯機では洗えなくなりますので、専門に手掛けているお店に依頼するのがベターです。多くの家庭ではフローリングの床に傷がつかないようにという傷防止のために敷いていると思われますが、中にはペルシャ絨毯といった高価なものを敷いているお宅もあるでしょう。こうした絨毯には特別な洗い方の技術が必要ですので、専門店をインターネットで探し、店のサイトを確認してから頼むべきかどうかを決めるといいと思われます。絨毯クリーニングの仕上がりも、他のクリーニング製品同様、仕上がりに満足できるかどうかは差があります。ただ、利用してみないと何とも言えませんので、まずはお手頃価格のところから利用してみるなど、工夫が必要でしょう。

自社工房で、専門職人が一枚一枚丁寧な水洗い・スピードクリーニングを行っております。 当社では、絨毯クリーニング専門店として作業品質にこだわったクリーニングを行っており、お問い合わせやお見積り依頼も受け付けています。 定期的に絨毯クリーニングでメンテナンスしている絨毯は臭いや汚れはもちろん、毛並みまで違うんです。 絨毯クリーニングをお考えなら弊社まで