絨毯クリーニングでいつも清潔な絨毯を

以前アルバイトをしていた飲食店では、月に1~2回、定期的に絨毯クリーニングをしにきてもらっていました。クリーニング店のスタッフの方が、お店の入り口の絨毯を、クリーニング済みの新しいものに取り換えて汚れたものをもっていってくれます。おかげで、お店の入り口はいつもきれいな絨毯が敷いてあり、淡い色のものでしたが不潔感も目立つことなく、飲食店として良い印象になっていたのではないでしょうか。絨毯は、素材や大きさにもよりますが、ほとんどのものは自分で洗うのが難しいのではないでしょうか。ほこりもつきやすくダニなども繁殖しやすいのに、自宅で洗えない、しかし頻繁に買い替えることも難しい絨毯は、ぜひプロの手でしっかりきれいにしてもらいましょう。専門業者に委託する場合は良いのですが、自分でクリーニング店へ持ち込む場合は、取扱いの有無や大きさの制限を確認してから行きましょう。

絨毯クリーニングをする際の注意点

絨毯クリーニングをする際の注意点には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。まず、絨毯自体をクリーニングに出すということが、あまり頻繁でないということから、皆、あまり慣れておらず、失敗してしまうということが多いです。例えば、クリーニング店に持っていく際に、この絨毯がどういうもので、どういったところで購入して、どういった素材を使っているのかなどを詳しく話しておく必要があります。どういったものであるのかを話をしておかないと、クリーニング店の人も、ついているタグや、素材から、どのように扱ったらよいのかを判断するしかないからです。これは非常に危険なことなので、必ず事前に話しておきましょう。例えば、異国で購入したものであれば、どこの国で購入したのかなどを伝えておきましょう。また、絨毯は、クリーニングに出すと思っているよりも金額が高くなるのでその辺も覚悟しておきましょう。

集配サービスのある絨毯クリーニング

絨毯の掃除の仕方に関してお困りの方は非常に多いはずです。基本的に簡単なシミ抜きやハウスダストの除去などは簡単に個人でもできますが、本格的な洗濯や臭い消しやダニの除去などは個人ではなかなか簡単には行えません。本格的に絨毯を綺麗にしようと考えれば絨毯クリーニングに出すことがお勧めです。最近のクリーニング店では絨毯の集配サービスも行ってくれます。今まででしたら集配をお願いする分割りまし料金を請求されるクリーニング店が多かったですがサービスの差別化を高める為に集配料金を取らないクリーニング店も現れてきています。又、クリーニング店のホームページから絨毯の宅配利用クリーニングを依頼できるクリーニング店も増えてきています。これなら集配時間を気にせずにいつでも絨毯をクリーニングにお願いすることが可能です。洗浄から配送まで時間が掛かりますが、きちんと手軽に絨毯をクリーニングできる事が魅力です。